平成21年09月06日 第八次日中知事交流訪中について

 9月2日から6日の日程で、中島孝之福岡県副知事を団長に、古矢博通岡山県副知事、二日市具正大分県副知事、村田信一熊本県副知事による第八次日中知事交流訪中団が北京、広州、深圳を訪問いたしました。 
 北京では、人民大会堂チベットの間にて鄭万通全国政治協商会議副主席への表敬訪問を行いました。 
 そこでは、世界的な金融危機における日本と中国の経済状況や中国の地方政府と日本の地方自治体との協力体制について意見交換が行われました。 
 北京市役所においては王安順北京市副書記と意見交換を行い、日本と同じく大きな問題となっている環境問題や北京市の経済発展とその成功と問題点について意見交換を行いました。
 また、今回は産官学連携をテーマに清華大学を訪問し、岑章志事務委員会副主任から清華大学での活動状況について説明を受け、また日本の現状についても説明と話し合いが行われました。
 4日には広東省を訪問し、ここでは蔡允革広東省発展と改革委員会副主任から広東省における経済発展の歴史、広東省の現状と政策、現在大きな問題となりつつある環境問題に対する対策について説明を受けました。環境問題に関しては日本側からも各県の取り組みが説明され、闊達な意見交換が行われました。
 その後、万慶良広東省副省長との懇談においては、現在中国一の経済成長をしている広東省の取り組みについて説明が行われました。
 最後に改革開放政策により作られた経済特区である深圳市を訪問いたしました。高層ビルと緑溢れる新しい街の急激な発展を目の当たりにし、卓欽鋭深圳市副市長による経済特区としての深圳市の政策と今後の課題について意見を交換し、第八次日中知事交流訪中団の全日程を終了し、帰国致しました。
 今回の第八次日中知事交流訪中団は3度の延期ののち日程が決まりましたが、8月30日に衆議院総選挙が行われたため、受入団体である中国日本友好協会にご尽力いただき、急遽副知事による訪中団の編成となりました。

清華大学意見交換の様子

鄭万通全国政治協商会議副主席への表敬訪問の様子

北京市王安順副書記との懇談の様子

広東省発展と改革委員会との意見交換の様子

広東省万慶良副省長との懇談の様子

深圳市卓欽鋭副市長との懇談の様子