平成26年08月08日 第4回 国民健康保険制度の基盤強化に関する国と地方の協議について

 8月8日(金曜日)、第4回国民健康保険制度の基盤強化に関する国と地方の協議が開催され、田村厚生労働大臣、赤石厚生労働大臣政務官と地方三団体の代表による政務協議が行われました。本会からは社会保障常任委員長(福田栃木県知事)が出席し、国民健康保険制度の見直し(中間整理(案))について意見を述べました。

 田村厚生労働大臣から、国保の財政上の構造問題の解決に関してしっかりと対応し、その具体的な政策や役割分担等も含め、地方に納得を得る形で改革を進められるよう最大限努力したい等の発言がありました。

 福田栃木県知事からは、現在の赤字解消にとどまらず、将来にわたって持続可能な制度となるような、抜本的な財政基盤強化の具体策を一刻も早く提示すること、財源については、新たな地方負担を前提とするのではなく、あくまで国費により財政基盤を強化すること、都道府県と市町村の役割分担の在り方については、都道府県と市町村による共同運営を法制上しっかりと規定すること等を要請しました。

中間整理(案)については原案どおり了承され、今後は中間整理に沿ってさらに議論を深め、年末までを目途に結論を得て、必要な法律案を平成27年の通常国会に提出することを目指すこととされました。

福田社会保障常任委員長(栃木県知事)

福田社会保障常任委員長(栃木県知事)

2260808厚労大臣

 田村厚生労働大臣

資料

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ先

調査第二部(03-5212-9131)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード

PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。