令和元年10月31日 会長メッセージ

○  令和元年台風第15号及び第19号への全国知事会の対応について                                                  

   台風第15号並びに台風第19号により亡くなられた皆様にお悔やみ申し上げますとともに、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

   9月に千葉県を中心に被害をもたらした台風第15号に対し、「災害対策都道府県連絡本部」を設置し、全国知事会として千葉県内の6市1町に1都7県から応援職員を派遣し、台風第15号による被害への支援を行っていたところ、さらに、台風第19号により、10月12日から13日にかけて中部、関東甲信越、東北の1都12県に大雨特別警報が発表され、極めて広範囲に土砂災害や河川の氾濫などによる未曾有ともいえる被害が発生しています。

   この事態を受け、被災地への支援体制をさらに強化するため、10月14日に、私を本部長とし、全国知事会危機管理・防災特別委員会委員長の黒岩祐治神奈川県知事を副本部長する、「令和元年台風第15号,第19号に関する全国知事会緊急広域災害対策本部」を設置し、全国知事会が一丸となった被災自治体への支援に取組んでおり、これまでに、台風第15号、第19号の被災地6県21市町に対し、30都道府県から延べ約5,600名の応援職員を派遣(10月30日現在)し、支援を行っています。

   また、16日には国に対し早期の対策を講じて頂くよう要請を行うとともに、1都13県のニーズを踏まえた復旧促進のための緊急要望をとりまとめ、25日には自由民主党へ、28日には公明党へ黒岩祐治副本部長(神奈川県知事)等と要請活動を行ったところです。

要請活動の様子  今後、被災された方の生活再建 や 、復旧・復興に向けた取組が加速していく 中で、身体や心のケアにあたる保健師、道路や河川等の復旧にあたる土木職など様々な人材や、物資が不足することが見込まれます。 全国知事会緊急広域対策本部では、そのような人的・物的支援等のニーズの取りまとめ調整等、被災者の皆様、被災自治体の皆様に寄り添った支援に取組んでまいります。                                                       

   

全国知事会 会長 飯泉 嘉門

 

お問い合わせ先

調査第三部(03-5212-9134)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード

PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。