令和元年12月13日 「安心と成長の未来を拓く総合経済対策」及び令和元年度補正予算案について

  12月13日(金)、飯泉全国知事会会長(徳島県知事)は、「安心と成長の未来を拓く総合経済対策」を具現化するための令和元年度補正予算案が閣議決定されたことを受け、声明を発表しました。
声明の内容は以下のとおりです。

 

「安心と成長の未来を拓く総合経済対策」及び令和元年度補正予算案について
 

本日、「安心と成長の未来を拓く総合経済対策」を具現化するための令和元年度補正予算案が閣議決定された。

1 災害からの復旧・復興と安全・安心の確保について
   ・台風第15号、第19号その後の台風や豪雨で東日本を中心に甚大な被害が発生したことを
      受け、 18項目に及んだ全国知事会の要請の多くを網羅した「被災者の生活と生業(なり
      わい)の再建に向けた対策 パッケージ」 について、補正予算等を通じて切れ目なく実
      行することを本対策に明記し、災害廃棄物処理や河川等 の公共土木施設の災害復旧事
      業等の予算を計上したことに加え、特別交付税を増額したことは、全国知事会の提言に
      沿ったものであり 高く評価する。
   ・安全安心の確保については、「防災・減災、国土強靱化のための3か年緊急対策」を着実
      に実行することに加えて、本年の台風被害から得た経験を活かすことを明記し、洪水時の
      水位を低下させるための河道掘削や堤防強化等の予算を計上したことは、全国知事会が
      求める被災地の復旧・復興、総合的な防災・減災対策、国土強靱化に向けた取組に応え
      るものであり高く評価する。
2  経済の下振れリスクを乗り越えようとする者への重点支援について
    ・経済の下振れと停滞への不安を払拭し、持続可能な成長軌道の実現に向け、経済の好
      循環をしっかりと持続させることを明記し、中小企業等の生産性向上や国内外の販路開
      拓等の予算を計上したことは、消費税率引き上げ後の経済状況に応じて地域経済の活
      性化に十分配慮した対策を講ずることを求めた全国知事会の提言に沿ったものであり高
        く評価する。
    ・地方創生の推進強化については、自らのアイデアで自らの未来を切り拓く地方の取組を
      力強く後押しすることを明記し、地方創生拠点整備交付金等の予算を計上したことは評
        価する。特に、全国知事会議が緊急決議した首里城の早期復元に向けた取組に係る予
        算を計上したことは復元の実現に向けた第一歩であり、早急な対応を高く評価する
3 未来への投資と東京オリ・パラ後も見据えた経済活力の維持・向上について
     ・未来への投資として、Society5.0の実現に向け、そのための環境整備・支援を抜本的に
        進めると明記し、「1人1台パソコン」や高速大容量のネットワーク環境整備等の学校の
        ICT化の整備をはじめ、5Gの早期普及を図る取組、様々な分野におけるICT活用促
        進等の予算を計上したことは高く評価する。    

  令和元年度補正予算案と令和二年度予算案は、いわゆる「15カ月予算」として一体的に編成するとされていることから、大詰めを迎える来年度当初予算の編成に際しても、引き続き全国知事会の提言が適切に具現化されるよう求めて参りたい。 

                                                                                                     令和元年12月13日
                                                                                                         全国知事会会長
                                                                                                                  飯泉 嘉門

                                                                                     

「安心と成長の未来を拓く総合経済対策」及び令和元年度補正予算案について(PDF:240.3KB)

お問い合わせ先

調査第一部(03-5212-9130)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード

PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。