平成16年11月17日 地方分権推進総決起大会の開催

   全国知事会など地方六団体で構成する地方自治確立対策協議会は、11月17日(水曜日)、日本武道館大ホールにおいて、「地方分権推進総決起大会」を開催しました。

   大会は、主催者を代表して梶原全国知事会会長の挨拶の後、上田全国都道府県議会議長会会長の議長の下、山出全国市長会会長による決意表明、特別来賓として、内閣総理大臣の代理として山崎内閣官房副長官、麻生総務大臣、松本総務大臣政務官からご挨拶をいただきました。

   その後、地方六団体の地方分権改革の推進についての決意を明らかにするため、「地方分権改革の推進に関する緊急決議」を満場一致で採択するとともに、中川全国町村議会議長会会長から、「地方分権推進連盟」設立の提案がなされ、了承されました。

   また、大会終了後、地方六団体会長は、政府関係要路に対し、また、各都道府県の知事をはじめとする都道府県代表者は、それぞれ地元選出国会議員に対し、真の地方分権改革の実現に向けた実行運動を行いました。

   なお、大会には、主催者側として地方公共団体の首長及び議長等、約9,000人が参加し、来賓( 特別来賓を含む) としては、109名の衆参両院国会議員の外、代理者165名の出席をいただき、大盛況のうちに幕を
閉じました。

   資料は、以下のとおりです。

 

会長挨拶

総務大臣挨拶

 

資 料

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード

PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。