平成21年11月17日 「地方分権推進全国会議」の開催について

 11月17日(火曜日)地方六団体で構成する地方自治確立対策協議会は、東京国際フォーラムにおいて、「地方分権推進全国会議」を開催しました。
 会議では、原口総務大臣にご挨拶いただいた後、総務大臣との意見交換を行い、石井岡山県知事、倉田大阪府池田市長、古木山口県和木町長が意見表明を行いました。
 その後、松井内閣官房副長官(鳩山総理のメッセージを代読)にご挨拶をいただき、麻生全国知事会会長(福岡県知事)、森全国市長会会長(新潟県長岡市長)、山本全国町村会会長(福岡県添田町長)が意見表明を行いました。
 さらに、会場からの意見表明として、三谷三重県議会議長が意見表明を行いました。
 最後に、アピール文として「地域主権の確立と地方の自立・再生に向けて(案)」を満場一致で採択し、会議終了後、六団体会長による共同記者会見を行いました。
 会議には、原口総務大臣、松井内閣官房副長官の2名の特別来賓の他、一般来賓として13名の衆参両国会議員と代理者160名、主催者側として地方公共団体の首長及び議長等1,500名が参集しました。以下、会議関係資料を掲載します。


原口総務大臣


麻生全国知事会会長(福岡県知事)


記者会見の様子

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード

PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。