平成30年08月02日 平成30年07月豪雨に対する全国知事会の対応について (第21報 8月2日時点)

本日 13 時時点で、17都県が12市町の対口支援団体となり、被災地支援に全力を挙げて取り組んでいます。
なお、指定都市を含めた対口支援団体の応援職員の派遣総数は、16市町に対し22都県市から396名、災害マネジメント総括支援員の派遣は3市町に対し3県市から3名となっています。また広島県教育委員会が7月18日に依頼したスクールカウンセラー等の派遣について、13道県から派遣を受けている旨の報告がありました。

資料

平成30年7月豪雨に対する全国知事会の対応について (第21報 8月2日時点)(PDF:199.7KB)

お問い合わせ先

調査第三部(03-5212-9134)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード

PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。