「2016かごしまの新特産品コンクール」開催

「2016かごしまの新特産品コンクール」開催

 鹿児島には,豊かな自然に育まれた多彩な食や,伝統の技から生み出される工芸品など,魅力あふれる特産品が数多くある。
県では毎年,鹿児島市・(公社)鹿児島県特産品協会と合同で「かごしまの新特産品コンクール」を開催し,多様化する消費者ニーズに対応した売れる商品づくりの促進を図っている。
 12回目となる今年度は,食品部門と工芸・生活用品部門あわせて168品の応募があり,審査の結果,本県の伝統野菜である花岡胡椒を使った『花岡胡椒ギフトセット((有)善STYLE)』と,伝統的工芸品本場大島紬の技術を生かした『amamikaショール((有)興紬商店)』が県知事賞に輝くなど,計22品が見事入賞した。
また今回は,「明治維新150周年」と「鹿児島の自然遺産」にちなんだテーマ商品を募集したほか,県産品の更なる海外販路開拓などを目的とした,鹿児島県貿易協会会長賞を新設した。
 入賞商品については,パンフレットを作成し流通関係者などに配布するほか,県内外の物産観光展やイベントにおいても,積極的にPRしていく予定である。
2018年には明治維新150周年の節目を迎え,2020年にはかごしま国体が開催される。鹿児島らしい魅力あふれる特産品を更に多くの方々に楽しんでいただけるよう,県では売れる特産品づくりの支援に継続して取り組むこととしている。

特産品コンクール商品
 

鹿児島県かごしまPR課  ℡:099-286-3050