鹿児島の焼酎,魅力発信in香港

鹿児島の焼酎,魅力発信in香港

 鹿児島県には,113の焼酎蔵元があり,焼酎関連産業は,本県の主要産業となっている。今後,人口減少や高齢化等により,国内消費の減少が予想されることから,県では業界と連携し,海外市場への販路開拓に取り組んでいる。
 海外における焼酎の認知度向上を図るため,アジアのショーウィンドウと言われる香港で,さる10月18日,一般の消費者をターゲットに,「鹿児島焼酎祭in香港」を実施した。
 尖沙咀(ちむさーちょい)駅直結のショッピングモールに,ステージとブースを設置し,蔵元による約30銘柄の焼酎を振る舞うとともに,さつま揚げなど特産品を提供。また,大島紬の展示等を行い,会場は「鹿児島ムード一色」となった。さらに,知事と香港で有名な日本人タレントによるトークショーの実施や,焼酎カクテルパフォーマンスなどにより,約2,000人の来場者に焼酎をはじめとする鹿児島の魅力を発信した。
 このイベントに併せて,香港の6つの飲食店での「焼酎フェア」や,屋外ビジョンでのPR動画放映なども行っており,香港で鹿児島の焼酎が注目される良い機会となったと手応えを感じている。

鹿児島の焼酎,魅力発信in香港
問い合わせ先
鹿児島県かごしまPR課  ℡:099-286-3050