2015年7月 日本近代化の先駆け「旧集成館」を含む「明治日本の産業革命遺産」 世界文化遺産に登録!

 7月5日,ドイツで開催されたユネスコ世界遺産委員会において,「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録が決定された。
 今回の登録により,鹿児島県は,世界自然遺産の屋久島と合わせ,自然と文化の両方の世界遺産を持つ全国で唯一の県となった。
 「明治日本の産業革命遺産」は,九州・山口を中心に8県11市に分布する23の資産で構成され,西洋から非西洋地域への産業化の伝播がはじめて成功したことを示しており,幕末から明治期にかけて日本が製鉄・製鋼,造船,石炭産業を基盤に,急速な産業化を達成したことが評価されたものである。

 このうち,鹿児島には,「旧集成館」,「寺山炭窯跡」,「関吉の疎水溝」の3つの構成資産がある。これらは幕末期の開明的な君主・島津(しまづ)(なり)(あきら)公が,他に先駆けて反射炉の建造など近代化に取り組んだ「集成館事業」に関連する資産であり,こうした近代化の試みは,後に日本が急速な産業化を遂げるための礎となった。
 本遺産の登録は,産業国家日本の礎を築いた先人たちの偉業が改めて評価されたものであり,地域の誇りとなるものと考えている。
 今後,世界の人々にとっても価値のあるこの遺産群を,関係地域と結束して次の世代に継承するとともに,各地域の発展に活かしていくこととしている。

問い合わせ先:
鹿児島県世界文化遺産課
電話:099-286-2364

【7月5日の登録決定イベント(鹿児島市 尚古集成館)】
世界文化遺産