永青文庫展示室開設10周年記念 RKK開局65周年記念「細川ガラシャ」

細川家ゆかりの名品をいつでも観覧できるスペースとして、親しまれてきた細川コレクション永青文庫展示室。本展は、その開設10周年を記念する特別展である。

 主役は、細川忠興に嫁いだ明智光秀の娘・玉。ガラシャの洗礼名で知られる女性である。その生涯は、幸せな新婚生活を送りながら、父が本能寺の変を起こしたために幽閉され、やがてキリスト教を熱心に信仰するようになり、関ヶ原合戦の直前に悲劇的な最期を迎えたというもの。波瀾万丈な生きざまは、いまなお人々を惹きつけてやまない。

 本展では、戦国乱世の激動と華やかな桃山文化を時代背景としつつ、ガラシャの動静を示す歴史資料やゆかりの品々を一堂に集め、100点を超える作品群でその実像に迫る。加えて、近世から現代まで語られ、描かれ続けてきたガラシャ関係の絵画や文学作品を展示し、ガラシャイメージの歴史的変遷を跡づける。会期は8月4日(土)から9月24日(月・祝)まで。戦国を生き、信仰に散ったガラシャの生きざまを是非ご覧いただきたい。

ガラシャ夫人像

 

 

 

 

                                         

 

 

  橋本明治《ガラシャ夫人像》

(大正12年、1923)島根県立美術館蔵

 

<問合せ先>

熊本県立美術館【本館】

電話番号:096-352-2111

http://www.museum.pref.kumamoto.jp

または「熊本県立美術館」で検索