スポーツランドみやざき

 本県では、温暖で快適な気候と充実したスポーツ施設を生かし、四季を通じてさまざまなスポーツが楽しめる「スポーツランドみやざき」づくりを推進しており、多くのプロ・アマチュアのスポーツチームに合宿・キャンプ地として利用されています。

 平成27年度における県外からの団体数、参加人数、延べ参加人数が過去最高を記録。これまで、2015年ラグビーワールドカップで世界中を魅了したラグビー日本代表やリオデジャネイロオリンピックで多くのメダルを獲得した柔道日本代表、セ・リーグ優勝を果たした広島カープなども本県でキャンプ・合宿を行っており、「縁起のいい結果につながるキャンプ地」のイメージがついてきています。2016年にはITUトライアスロンワールドカップが開催され、2017年2月にはワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表チームの強化合宿も行われる予定です。

 さらに、本県では幅広い競技種目を県下全域で、冬季に限らず年間を通して受け入れていきたいと考え、合宿・キャンプの全県化、通年化、多種目化に力を入れています。また、スポーツ施設の整備だけでなく、アスリートフードやおもてなし精神を含め、受入体制のさらなる充実を図っているところです。

 2019年ラグビーワールドカップ、2020年東京オリンピック・パラリンピックなど、今後は大規模な国際大会が国内で開催され、事前合宿の誘致や外国人観光客を取り込むチャンスが続きます。「スポーツランドみやざき」の魅力を発信し、その効果を経済、文化など幅広い分野の発展に結びつける絶好の機会と捉え、世界に誇れる「日本一のおもてなし」の取組を推進していきます。                                                              

  《問い合わせ先》 観光推進課 スポーツランド推進担当 TEL:0985-26-7108

【H25年に合宿を行ったWBC日本代表】