宮崎は本格焼酎出荷量5年連続日本一!

 本県は、2018酒造年度(18年7月~19年6月)の本格焼酎出荷量が日本一となり、2014酒造年度から5年連続日本一となりました。

 宮崎の本格焼酎の特徴は芋、米、麦、そば、さらには栗など多彩な原料に加え、蔵元ごとに個性がはっきりしていることにあります。これだけ多彩な焼酎があるのは全国的にも珍しいです。この背景には、本県の豊かな自然が育んだ良質な天然水が県内各地に存在するところにあります。この良質な水こそが宮崎の本格焼酎の源となっています。

 県では、宮崎の本格焼酎応援サイト『だれやみ』(宮崎の方言で「疲れを癒すために晩酌すること」)を開設し、その魅力を伝えるとともに、県酒造組合と連携し、宮崎の本格焼酎ガイドブック「焼酎(しょちゅ)印帳」の作成や、若者や女性をターゲットとした県内や東京でのイベント「焼酎ノンジョルノ宮崎」などを開催しています。

 さらには、アカデミー賞授賞式のアフターパーティーで宮崎を代表する本格焼酎の一つ「霧島」が2年連続で提供されるなど官民一体でのPR活動が実を結んでいます。

 県は、今後もさまざまなイベントを開催し、宮崎の本格焼酎のブランド価値向上や、県内外また海外での消費や販路拡大に取り組んでいくこととしています。

 みなさんも今日の「だれやみ」に宮崎の本格焼酎はいかがでしょうか。焼酎