「みやざきで暮らし、働く」PR動画を制作

 本格的な人口減少社会が到来する中で、本県においても、若者の県外流出を少しでもくい止め、将来を担う人材を確保することが喫緊の課題となっています。

 その対策の一環として、本県では4分半ほどで気軽に見てもらえる工夫をしたPR動画を制作し、「みやざきで暮らし、働く」魅力を県内外の学生や社会人、保護者などに情報発信しています。

 制作した動画は「みやざきの未来」「ここで、これからも」の2本。

 若者の県外流出が続いて人口が減る流れが止まらなければ、今後の宮崎には、教育環境の低下、医療・福祉サービスの低下、日常生活への影響などの諸問題の発生が考えられます。「みやざきの未来」では、こうした将来の懸念材料をペーパークラフトを用いてわかりやすく伝えています。

 一方、「ここで、これからも」では、20歳代前半の女性の県外流出が顕著なことから、大学3年生の女性を主人公とし、通勤時間の短さや手頃な家賃、近くにいる両親のサポートなど、宮崎で働く良さ、子育て環境の良さなどを都会と比較しながら明るめの映像とともに語りかける内容となっています。

 これらの動画は、県が主催する学生参加のイベントでの上映やインターネットによる配信を行うほか、高校や大学などを通じ、教育関係者にも視聴を依頼する予定です。

 本県ではこのほか、若者へのアンケート調査による県外流出の要因分析や、県外人材確保のためのコーディネーターの配置、インターンシップの多様化・拡大などを行っており、これからも関係機関が一体となって産業人財育成・確保の取組を進めていきます。