「長崎コンシェルジュ」の認定制度を創設

長崎県は、ホテルコンシェルジュの認定制度を創設した。この制度は、県内の宿泊施設の従業員を対象に、お客様が快適な滞在時間を過ごし、満足いただけるサービスを提供するとともに、長崎県ならではの価値や魅力を伝えることができるプロフェッショナル人材を「長崎コンシェルジュ」として認定するもの。現在、長崎市と佐世保市の二つのホテルで計4名を認定している。

本県が考える長崎コンシェルジュ像は、豊富な観光知識と幅広い人脈を持ち、他の地域にはない県内の魅力を自身の体験を生かしながらお客様に案内できる人材である。認定者を増やすことで、さらなるサービスの質の向上や観光客の誘客、リピーターの増加につなげ、宿泊施設をはじめとした本県の観光産業の発展と良質な雇用の場の創出を目指している。

今年度は、長崎コンシェルジュの認定試験を平成31年2月6日(水)に実施。また、県内の宿泊施設の従業員等を対象に認定試験に向けた研修会を計6回開催する。今後もこのような人材育成の取組みを通じて、県内の観光産業の活性化を図っていく。

長崎コンシェルジュの認定バッジ

《問い合わせ先》

長崎県観光振興課 TEL:095-895-2643