高校生の離島留学制度

壱岐高校と上海高校生の交流会の様子

 本県では平成15年に全国初の「高校生の離島留学制度」を創設。「しま」がもつ豊かな教育資源を提供し、県内外から目的意識を持った生徒が集う、特色ある学校づくりを各校で積極的に行っている。

 これまでに327名の留学生を迎え入れてきたが、平成30年度からは新たに2校を加えた計5校で受け入れ、教育活動の一層の活性化と地域活力の高揚を図る。

○対馬高等学校「国際文化交流コース」

 韓国の言葉や歴史、文化について専門的に学び、韓国の人々との交流を通して異文化を理解し、国際社会に貢献できる人材を育てている。

○壱岐高等学校「東アジア歴史・中国語コース」

 大陸との交流の歴史や考古学、中国の言葉や文化を専門的に学び、中国と本県の懸け橋となって国際的に活躍できる人材を育てている。

○五島高等学校「スポーツコース」

 「陸上」「柔道」「剣道」の技能を伸ばし競技者として活躍する、または将来、指導者として競技やスポーツ全般に携わる人材を育てている。

○五島南高等学校「夢トライコース」※新規募集

 農業や漁業など地場産業の体験や地域の祭り、行事など、自分らしくのびのび活動できる場で自己肯定感を高め、社会性や生きる力を持つ人材を育てる。

○奈留高等学校「E-アイランド・スクール」※新規募集

 少人数ならではの手厚い指導で、世界に通用する英語のコミュニケーション力を持つ人材を育てる。

<問い合わせ先>

長崎県高校教育課

電話:095-894-3354