多彩な沖縄芸能を堪能しよう! 『Ship of the Ryukyu』

 沖縄県では、従来の沖縄観光に新たな付加価値を加えた魅力あふれる観光を推進し、世界に誇れる沖縄観光ブランドの形成を目指して、沖縄の個性豊かで多様性のある文化資源を活用した新たな観光コンテンツづくりに取り組んでいます。

 『Ship of the Ryukyu』は、その取り組みの一つです。「琉球が誇る芸能文化を船に乗せ、世界中に奔(はし)らせよう」というコンセプトのもと、伝統芸能や地域に伝わる民俗芸能をベースにエンターテインメントの要素を取り入れ、初めて沖縄の芸能に触れる方でも楽しんでもらうことができる舞台公演となっています。今年度もバラエティーに富んだ沖縄芸能の新しいスタイルとなる作品が揃いました。

 舞台は9月から2月にかけて、那覇市の「テンブスホール」及び「パレット市民劇場」を会場として繰り広げられます。両会場とも目抜き通りである「国際通り」に位置していることから、観光で訪れた方も、ふと思い立ったときに気軽に足を運びやすいです。首里城をはじめとする世界遺産や心安らぐビーチリゾートに加え、ぜひ沖縄の芸能にも触れて、新たな沖縄の魅力を感じてください。詳しくは、沖縄県文化振興会のホームページをご覧ください。
 

【問い合わせ】
公益財団法人 沖縄県文化振興会 
TEL:098-987-0926 
http://www.okicul-pr.jp/

シップオブザリュウキュウ