「おきなわ花と食のフェスティバル2015」の開催

 沖縄の旬の農林水産物が一堂に会する恒例イベント「おきなわ花と食のフェスティバル2015」が、1月31日(土曜日)から2月1日(日曜日)の期間、那覇市の奥武山公園にて開催される。

 同フェスティバルは、「地産地消」をメインテーマに本県農林水産業に対する県民や観光客の理解を深めることを目的としている。本県は、温暖な気候を活かして冬春期に生産の最盛期を迎える品目が多く、同フェスティバルでは多種多様な旬の農林水産物に触れることができる。例年2日間で約15万人が来場し、沖縄を代表するイベントの一つとなっている。

 県産食材を使った試食・販売コーナーや、花や野菜のコンテスト・展示・オークション、各種体験教室、産地訪問のバスツアー等様々な企画を実施しており、飲食や体験を通して生産者と接することで、来場者には農林水産業をより身近に感じていただくことができるだろう。

 是非、多くの方々に本県の新鮮な農林水産物を見て、食べて、体験していただき、その魅力に触れていただきたい。

問い合わせ先・・・おきなわ花と食のフェスティバル推進本部事務局 電話 098-831-5565

 

             おきなわ花と食のフェスティバル2015ポスター