第3回しまくとぅば県民大会

 沖縄県の各地で受け継がれてきた「しまくとぅば」は、地域の伝統行事の礎となる大切な言葉であるとともに、組踊や琉球舞踊、琉球民謡等の、沖縄文化の基層をなしています。

 平成25年度に行われた県民意識調査において、8割の県民が「しまくとぅば」に親しみを持っている反面、「しまくとぅば」を主に使う人は1割という実態が示され、ユネスコにおいても、沖縄県内の5地域の言語を消滅の危機にある言語と認定しており、その保存・継承の必要性が訴えられています。

 このような状況を踏まえ、沖縄県では、9月18日を「しまくとぅばの日」と条例で定め、県民に「しまくとぅば」の重要性を再認識していただき、「しまくとぅば」を次世代へ普及、継承するため、「しまくとぅば」県民運動を展開しています。

 今年も「広げよう!しまくとぅば県民運動」のスローガンのもと、平成27年9月19日に浦添市てだこホールにて、「第3回しまくとぅば県民大会」が開催されます。

小さなお子さんから大人まで、幅広い年齢層の方々に「しまくとぅば」に親しんでもらえるイベントとなっていますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。

お問合せ先>

沖縄県文化観光スポーツ部

文化振興課文化振興班

電話098(866)2768

shimakotoba