博物館企画展「大気と気象~見えない空気の“力と技”~」

 海に囲まれ、中緯度高圧帯に位置し、亜熱帯性の気候を持つ沖縄では、台風や竜巻など様々な気象現象を受けます。見ることができない空気は、私たちの生活に欠かせないものであると同時に、災害なども引き起こします。そこで、本展示会では大気を中心に「気象との関わり」「海洋との関わり」「気体の不思議な現象」「自然災害」など、関連するものを展示します。

 展示会は、大きく⑴海で暮らす人々 ⑵気体の不思議 ⑶災害と対策 の内容になっています。さらに、気体の性質や大気に関する基本的内容も知ることができます。これまで行ってきた博物館展示との大きな違いは、気体に関係する実験を体験できることです。実験を通して、気体の性質を実感してもらう体験型の展示を行います。実際の体験を通して、大気が引き起こす気象現象に興味と関心を深めてほしいと思います。

 また、展示期間中に「台風と自然災害」をテーマにした博物館文化講座や、「目に見えない空気の不思議」体験講座など、関連イベントも実施します。これを機会に、多くの方々に展示会を楽しんでほしいと思います。

お問合せ先>

沖縄県立博物館・美術館

電話 098-941-8200

名護岳