開学から5年目を迎えた沖縄科学技術大学院大学(OIST)

 2011年11月に、国際的に卓越した科学技術の教育・研究を行うことで、世界の科学技術の向上及び沖縄の自立的発展に寄与することを目的として設立された沖縄科学技術大学院大学(OIST)。2012年9月の開学(学生受入れ)から5年目を迎え、50余りの国と地域から集まった学生、教員、研究員、職員は約900名の陣容となり、約60の研究ユニットが発足した。これまでに、主要学術誌の表紙を飾るいくつかの論文を含め、数多くの卓越した研究成果を発表し、特許の申請や取得、産学連携も積極的に推進している。

 産学連携の例としては、地元企業との微生物を用いた廃水処理・発電プロジェクトをはじめ、大手住宅メーカーと蒸暑地域でのサステナブルな暮らしを実現する住宅開発にかかる共同研究など、様々な分野に及んでいる。

 世界に先駆けた新しいスタイルの教育研究機関として、内外から募った優秀な人材に対し、基礎研究を促進するための十分なサポートと自由度の極めて高い環境を提供し、人的交流や最先端の研究機器の共有を推進する学際性の高い環境を作り出したOISTは、さらなる規模拡充を目指しながら、世界的な学問・産業を牽引していく未来のリーダーを育成していく。

 

【問い合わせ 】
沖縄科学技術大学院大学(OIST)
コミュニケーション・広報ディビジョン メディアセクション
TEL:098-982-3447(直通)

HPアドレス:https://www.oist.jp/ja

OIST