5月10日は黒糖の日 八つの島の「沖縄黒糖Ⓡ」

 沖縄県含みつ糖対策協議会では、黒糖の販売が本格的に始まる時期にあたる5月10日を「黒糖の日」と定め、「沖縄黒糖」の消費拡大に取り組んでいます。

 黒糖の原材料であるさとうきびは、沖縄で古くから栽培され重要な作物となっています。現在、黒糖を作る大きな工場が稼働しているのは、伊平屋島、伊江島、粟国島、多良間島、小浜島、西表島、波照間島、与那国島の八つの離島だけとなり、地域経済を支える重要な産業となっています。

 八つの島で作られる黒糖は、さとうきびだけを原料とした純粋な黒糖である。八島の純粋な黒糖は、「沖縄黒糖」として地域団体商標を取得し、「本場の本物」としてこだわりの伝統の味を守り続けています。

  地離島地域を支える「沖縄黒糖」の魅力を多くの方に知ってもらうために、当協議会では、毎年5月10日の「黒糖の日」にイベントを開催しています。今年のイベント概要は、沖縄県糖業農産課や沖縄県黒砂糖協同組合のホームページ(http://www.okinawa-kurozatou.or.jp)でお知らせしますので、会場で今年の新糖をご賞味ください。

 

【問い合わせ先 】
県糖業農産課 TEL:098-886-2275