佐賀県ふるさと納税の取り組みを拡充!

 平成27年度税制改正において、地方創生推進のためにふるさと納税制度が拡充されたことをうけ、佐賀県はふるさと納税の取り組みを拡充しました。
 佐賀県の特徴は、ふるさと納税の趣旨を大切にし、寄附者が寄附金の使途として具体的な事業を選択できることです。寄附者の想いを行政の施策に直接反映することでカタチにします。
 これまで特に人気があったのは、最先端のがん治療法・重粒子線によるがん治療の推進や、佐賀が誇る観光資源である日本三大松原の一つ「虹の松原」の保全に対する寄附です。また、県立学校を指定して寄附できる仕組みも全国的には珍しいプランです。母校の後輩たちの活躍を後押しする先輩たちからの支援を期待しています!また、地元のプロサッカーチームであるサガン鳥栖を支援するメニューもあります。
 こうした従来から人気の「施策応援コース」に加え、今回は新たに「地場産業応援コース」を追加しました。地場産業応援コースでは、佐賀県が誇るブランド品(佐賀牛®・佐賀産米などの特産品や、有田焼などの伝統工芸品)をお礼の品とし、佐賀県産品のPR・ブランド化も推進を図ります。
 1人で両コースに申し込むことも可能です。施策・地域振興の両面から佐賀県を応援いただければと考えています。

<問い合わせ>
佐賀県税務課
電話:0952(25)7021
検索窓:ふるさと佐賀県応援サイトhttps://www.pref.saga.lg.jp/web/kurashi/zeikin/kifubosyuu/_10142.html

  虹の松原   佐賀牛(R)