佐賀県有田焼創業400年事業「ARITA EPISODE 2」

  佐賀県が世界に誇る有田焼は、今年、2016年に創業400年の節目の年を迎えます。
  1616年、陶祖「李参平(りさんぺい)」により有田の泉山で良質な陶石が発見され、日本初の磁器となる有田焼が誕生しました。宝石のような輝きを持つ有田焼の美しさは、ヨーロッパの王侯貴族を魅了し、長い年月をかけ、鍛え上げられた熟達の職人による技術が、有田焼の発展に灯をともし続けてきました。「ARITA EPISODE 2」では、このような有田焼の礎となった400年を「EPISODE 1」と位置づけたうえで、先人たちが紡いできた華麗な物語を引き継ぐだけではなく、これからの新しい時代=「EPISODE 2」を築いていくために、全17の事業を展開しています。
  欧州最大級のインテリアデザイン見本市「メゾン・エ・オブジェ」では、グローバルに活躍する工業デザイナー・奥山清行氏のプロデュースのもと、世界へ向け、今までの概念を超えた新しい有田焼を発信しています。また、国内外のトップシェフが求めるプロユースの食器づくりでは、世界的な日本料理シェフ・松久信幸氏と協力し、有田焼の新たな市場開拓に繋げています。さらに、今年4月、イタリア・ミラノで開催される世界的なデザインの祭典「ミラノ・サローネ」で、世界で活躍する8か国16組のデザイナーと有田焼の窯元・商社のコラボレーションによる新たな世界ブランド「2016/」を発表予定。有田にデザインとモノづくりが交わるプラットフォームを形成することを目指しています。さまざまな側面からチャレンジを始めたこれからの有田焼の物語に、是非ご注目ください。

<問い合わせ>
佐賀県 有田焼創業400年事業推進グループ
電話:0952(25)7504

◆ARITA EPISODE 2:http://arita-episode2.jp/ja

ARITA EPISODE 2