明治維新150年~佐賀の偉業、偉人の活躍を発信~

 2018年に明治維新150年を迎えます。県では150年という節目を機に、幕末・維新期に活躍した人物や当時の素晴らしい技術力に光をあて、県内外に情報発信するため、2016年10月より専任チームを発足。県民の誰もが佐賀を誇りに思い、郷土を大切にするような機運をつくり出しています。
 当時佐賀藩は、国内のみならず世界に誇れる高い工業技術力を持ち、優秀な人材を多く抱えていました。また、日本で最初に反射炉を築き、実用蒸気船を建造するなど日本の近代化をリードし、さらには、優秀な人材を育成するため、全ての藩士の子供に藩校「弘道館」での就学義務を課していました。
 このように、佐賀藩は最先端の技術力による「ものづくり」や、新しい時代を担う人材を育てる「ひとづくり」に長けていました。この事実を多くの県民の皆さんに知ってもらい、そして誇りを持ってもらうことで、佐賀の再興・活性化につなげています。
 昨年11月には県内の小学生を招き、キックオフイベントを開催。今年3月にはシンポジウムや音楽トークイベントを企画しています。
 明治維新150年を迎えるにあたり、佐賀県が誇る歴史や偉業に光を当て、未来を担う子供達が、心から「佐賀さいこう!」と言えるような環境づくりを行っていきます。

<問い合わせ先>
佐賀県文化課(明治維新150年プロモーション担当)
電話:0952-25-7236 ファックス:0952-25-7179

明治維新150年