『アート県庁』

 昨年より佐賀県庁展望ホールにて開催中の「アート・アフター・ダークin SAGA」。九州初となる「夜景」と「プロジェクションマッピング」が融合した作品はご好評をいただき、昨年7月から今年3月末までに4万7,500人以上もの方にご来場いただきました。
 今年度は『アート県庁』と銘打ち、7月21日(金曜日)からプロジェクションマッピングのコンテンツを一新。昨年同様、作品を手掛けるのは東京駅などでのプロジェクションマッピングを成功させているクリエイティブ集団「NAKED(ネイキッド)」。作品のテーマは“2つの海”で、佐賀県が有する“有明海と玄海灘”に生息する生き物がコンテンツに登場し、まるで水族館にいるかのような映像は息をのむ美しさです。また、平成30年に明治維新から150年を迎えるにあたり、日本初の蒸気船や佐賀の科学技術の粋が、映像に盛り込まれるほか、これまでにない新たな仕掛けもあり、佐賀の美しい自然と歴史が融合した作品は見ごたえ十分です。
 アートな空間に生まれ変わる佐賀県庁。幻想的な佐賀の夜景を、ぜひ佐賀県庁でお楽しみください。
<開催期間>
7月21日(金曜日)から一般公開
<上映時間>
【7月~9月】20時~22時まで
【10月から3月】18時半~22時まで
(ただし9月からは日祝日は21時まで上映)
(ご来庁の際は公共交通機関をご利用ください。)
<問い合わせ先>
佐賀県観光課
電話:0952-25-7386 (土日祝:0952-24-2111)
ファックス:0952-25-7304
星空の水族館