「ヘルプマーク」「ヘルプカード」交付開始

 「ヘルプマーク」がどのようなものかご存じですか。義足や人工関節を使用したり、内部障害などの比較的、外見からは分かりづらい障害や病気を抱えた方、妊娠初期の方など、助けが必要な方々が周囲に配慮を必要としていることを知らせるマークで、平成24年に東京都で誕生しました。
 ヘルプマークにはストラップが付いており、鞄などに提げられます。必要に応じて、付属シールに具体的な支援の内容を記入し、同じく交付が始まった「ヘルプカード」も一緒に携帯することで、より具体的な情報(連絡先や服用している薬の情報など)をスムーズに周囲に知らせることができます。
 昨年7月には、2020年に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」を見据え、ヘルプマークがJIS規格に追加され、全国的に広がりをみせています。今年7月からは佐賀県でも交付が始まり、県民向けの周知に努めています。佐賀県内では県障害福祉課や市町の窓口等で無料で交付しています。
 「ヘルプマーク」は全国共通デザインとなっており、街中で身につけた方を見かけた際は、困られている時は声をかけたり、バスや電車では席を譲るなど配慮ある行動をお願いします。
<問い合わせ先>佐賀県障害福祉課
電話:0952-25-7401 ファックス:0952-25-7302ヘルプマークとヘルプカード