「三人展-Forward Stroke明日への眼差し-」開催

 9月30日(日曜日)から佐賀県立美術館で開催される「三人展」。現代日本を代表する佐賀県出身のアーティスト池田学氏、葉山有樹氏、八谷和彦氏が共演します。
 この特別展は明治維新150年を機に、佐賀県ゆかりのアートを紹介するもので、若い世代を中心とした方々に、メッセージ性の強い現代アートへ触れていただきたいと企画されました。本展覧会は三人それぞれが展示室一室を担当しており、作品とともに展示空間も演出します。
 池田氏は昨年、9万5000人以上が来場した「池田学展」で展示された代表作「誕生」や「興亡史」、「方舟」、動物画シリーズなど約60点を展示。また磁器に驚異の細密描写で描き上げる葉山氏の出展作品は初公開の新作で、テーマは「mutability-無常-」。地球創生から人類終焉後までを物語る壮大な作品を空間全体で構成しています。八谷氏は「風の谷のナウシカ」に登場する架空の飛行具「メーヴェ」を実体化した機体や実際のフライト映像等で展示室を構成。空飛ぶメディアアーティストが魅せる作品は見ごたえ十分です。
 異色の三人が三者三様の輝きを放つ展覧会。今を生きる人々にエールをおくる作品の数々は、観る人を魅了すること間違いなし。大変貴重な機会となっています。作品が魅せる圧巻の新世界を三人の出身地、佐賀県でぜひ、体感してください。
<会期>9月30日(日曜日)~11月18日(日曜日)(要観覧料)
<時間>9時30分~18時
<会場>佐賀県立美術館
<問い合わせ先>佐賀県立美術館
<電話>0952-24-3947
詳しくはHPでご確認ください→ 「三人展-Forward Stroke明日への眼差し-」

三人展ポスター