~早稲田の聖地さがへ~大隈祭に早稲田大学応援部登場!

 佐賀県出身で、早稲田大学を創設し、内閣総理大臣を2度務めた大隈重信。毎年5月、大隈重信の偉業を称える「大隈祭」が佐賀市水ヶ江の大隈重信記念館で開催され、県内外から多くの方が訪れています。
 佐賀県では2006年に早稲田大学と包括連携協定を締結し、協働事業や人材交流事業を行っています。この一環で昨年、明治維新150年を記念して、早稲田大学応援部が初めて大隈祭に参加。早稲田大学校歌(「都の西北」)、応援歌が生誕の地に響き渡りました。今年の大隈祭にも、チアリーダーの部員を含めた応援部が駆け付け、歌や演舞などで大隈祭を盛り上げます。
 当日は入館料が無料(通常大人300円)となり、入場者には先着で紅白餅のふるまいもあります(数量限定)。また、早稲田大学の大日方(おびなた)教授による大隈重信に関する記念講演や地元サークルによる催しも予定されています。
 この機会にぜひご来場いただき、佐賀が生んだ偉人、大隈重信の功績に触れ、早稲田大学応援部の迫力ある演舞をご覧ください。

<第39回大隈祭>
日時:5月12日(日)10:00~14:30
会場:大隈重信記念館
アクセス:佐賀駅BCからバス乗車約10分、
大隈重信記念館入口下車徒歩3分
※ご来場は公共交通機関をご利用ください

 <問い合わせ先>
佐賀県企画課 TEL:0952-25-7360

詳しくは、 大隈重信記念館 でご検索ください

大隈重信

早稲田大学創設者
大隈重信
佐賀県立佐賀城本丸歴史館蔵