サテライトオフィス第1号が営業開始

~日本一のサポート体制で応援~

山口県は、県外の企業が本拠とは別に開設するサテライトオフィスの誘致を進めている。

今年の7月には、誘致第1号となった株式会社ビジコム(本社:東京都文京区)が、周防大島町和田地区の廃校を活用して「周防大島サテライトオフィス」を開設した。

この会社では、インターネットを活用してPOSシステム(商品の販売情報管理システム)の開発・販売をしており、サテライトオフィスではその業務の一部、通販業務などを行っている。 

 進出する企業にとっては、都市部と比べてオフィスの賃貸料金は格段に安く、山や海、温泉なども近くにあるので、従業員のワークライフバランスにも理想的だ。

また、山口県は地震や台風などの災害が比較的少ないため、リスク分散先としても優れている。

一方で、サテライトオフィスの開設は、地元の雇用の場づくりや移住者の流入に直結する。

さらに、多様な人材の交流を通じて新たな機能やサービスが創出されるなど、集落活性化の新たなモデルとなることも期待される。

このため、県と地元市町では、社員の住居探しからオフィスの開設支援まで、きめ細やかなサポートを行って、積極的に誘致を進めている。

 ぜひ、山口県でサテライトオフィスの開設を検討いただきたい。

<問い合わせ先>

山口県中山間地域づくり推進課 TEL:083-933-2549

開所式の様子