農林水産業担い手支援日本一の実現

 山口県は、三方が海に開け、長い海岸線と多くの中山間地域があることから、多様な農林水産資源に恵まれていますが、農林水産業従事者の減少や高齢化が進み、担い手不足が深刻化しています。

 そこで、農、林、漁業各分野において、募集から研修、就業、定着までの一貫した「日本一の担い手支援策」を構築し、新規就業者の確保・定着に向けた取組を促進しています。募集時のきめ細かい相談体制や就業体験で就業前の不安を払しょくし、さらに実践的な研修実施に加え、就業後のフォローアップを強化することで、山口県に根付き、就業を継続していただけるよう、支援を行っています。

 中でも、全国トップ水準の給付期間と給付額を誇る山口県の農業定着支援給付金は、最長5年間、最高年額150万円と充実した内容で、安心して就業への一歩を踏み出すことができます。そのほか、農業用機械や漁船・漁具などの整備支援、住宅の確保支援、新規就業者の受け皿となる法人経営体の育成などで、手厚いサポートを行っています。

 また、地産・地消の着実な推進に加え、知事を隊長とする「ぶちうま売込隊」による国内外に向けたPR対策の充実強化や、6次産業化・農商工連携による地域資源を活かした新商品開発に取り組むなど、農林水産業の明るい未来を切り拓くためのさまざまな取組を実施しています。

 農林水産業に興味があり就業を検討されている方は、ぜひ、山口県をご検討ください。

お問い合せ先

農林水産政策課

電話番号:083-933-3315

やまぐちの農林水産物需要拡大協議会「ぶちうま!キャラクター」