青森県のシンボル

県旗(県章)

 昭和36年1月1日制定。青森県の地形を図案化したものです。県旗の白地は、無限に広がる宇宙世界をあわらしており、県章の深緑色は、躍進発展してやまない希望と未来をあらわしたものです。

県の花「りんごの花」

 昭和46年9月23日指定。りんごは全国第一位の生産を誇り、「りんごの花」は県民生活と切り離せないものになっています。

県の木「ヒバ」

 昭和41年11月15日指定。ヒバは「あすなろ」とも呼ばれ、第32回国民体育大会の愛称となりました。

県の鳥「ハクチョウ」

 昭和39年7月7日指定。白鳥は季節を告げる代表的な鳥として県民に親しまれています。

県の魚「ひらめ」

 昭和62年7月20日指定。全県すべての沿岸海域で漁獲され、栽培漁業を代表する魚種となっています。

青森県のシンボル(PDF:109.8KB)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード

PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。