千葉県のシンボル

県章・県旗

 県章は、カタカナの(チ)と(ハ)を図案化したものです。県旗は、中央に県章を配し、地は希望と発展を表す空色、マークは菜の花の薄黄色でふちどってあります。
(県章 明治42年12月28日制定)
(県旗 昭和38年7月29日制定)

県の花「なのはな」

 昭和29年4月、NHKが中心となり一般から公募したもので、正式には決められていませんが、「菜の花」とされ、広く親しまれています。

県の木「マキ」

 県の気候風土にあい、街路、公園、庭木など県民の目によくふれる木として選ばれました。(昭和41年9月29日指定)

県の鳥「ホオジロ」

 県内に生息し、県民に最も親しまれている鳥として、この鳥が選ばれました。(昭和40年5月10日指定

県の魚「タイ」

  千葉県にゆかりが深く、明るいイメージをもち、県の発展を象徴するにふさわしい魚として選ばれました。(平成元年2月23日指定)

千葉県のシンボル(PDF:123.8KB)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード

PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。