熊本県のシンボル

県章

 熊本の頭文字の「ク」の字を図案化し、九州の地形を形どったものです。中央の白い円形は、九州の中央に位置する熊本県を象徴しています。(昭和41年3月制定)

県の花「リンドウ」

 阿蘇の草原に紫色の可憐な花を咲かせるリンドウ。NHKが全国的に「郷土の花」を選定した際に選ばれました。県内各地の山野の草地に自生し、阿蘇高原では10月頃から咲き始めます。(昭和28年10月制定)

県の木「クスノキ」

 熊本の初夏は、萌えるようなクスノキの若葉で生命力にあふれています。熊本城内をはじめ、県内各地の神社や寺院にクスノキの巨木が見られ、昔から県民に親しまれてきました。(昭和41年10月制定)

県の鳥「ヒバリ」

 ヒバリは県内各地の草原や耕地などで見ることができ、県民に親しまれています。農業県・熊本のシンボルとして制定されました。(昭和41年10月制定)

県の魚「クルマエビ」

 有明海や不知火海はクルマエビの全国的な主産地です。熊本県は全国に先駆けてクルマエビ養殖に取り組み、日本一の生産量を誇っています。(平成元年12月制定)

熊本県のシンボル(PDF:117.5KB)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード

PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。