京都府のシンボル

府章

 この府章は、府民から公募して制定。六葉形は古都の格調高い土地柄を表現し、中央に「京」の文字をひとがたに図案化して配し、全体として府民の連帯性とその力の結合を表象したものです。(昭和51年11月2日制定)

府の花「しだれ桜」

 ”いと桜”の別名のように、流れるような柔らかさと、うす紅色の花をつけた美しさは京情緒そのもの。しかし、弱々しさの中にも風雪に折れないシンの強さがあります。まさに京都人気質のそれに通じるものです。(昭和29年3月22日制定)

府の草花「嵯峨ぎく」「なでしこ」

 京都嵯峨の地に源を発する古典ぎくで、その名称からも、京都を強くイメージ・象徴しています。キク科の多年草で、濃赤色、桃色、白色、黄色など色とりどりの花が、10月から11月にかけて開花します。(平成2年3月6日制定)
 古典によく詠まれ、また、鴨川の河原に「かわらなでしこ」が自生し、古来より府民に愛されてきました。ナデシコ科の多年草で、3月から11月にかけて、緋紅色、桃色、紫桃色、白色などの花が京都を彩ります。(平成2年3月6日制定)

府の木「北山杉」

 京都市北区中川町一帯で生産され、北山丸太と呼ばれています。杉林の美しさと、磨きあげられた丸太の木はだの美しさには独特の味わいがあります。木立が天に向かってまっすぐ伸びる姿は”伸びゆく京都”のシンボルです。(昭和41年9月16日制定)

府の鳥「オオミズナギドリ」

 舞鶴市冠島に2月から11月頃まで生息する渡り鳥で、飛来数は、およそ20万羽と推定されています。海鳥なのに木に登って飛び立つ特徴を持っています。この地方の猟師は魚群の位置を教えてくれるこの鳥を”サバ鳥”と呼んで大切にしています。(昭和40年5月10日制定)

京都府のシンボル(PDF:137.6KB)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード

PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。