奈良県のシンボル

県章

 奈良県の「ナ」を図案化したものです。外円はまほろばの大和の自然を、内円は和をもって貴しとする協和の精神を表現しています。(昭和43年3月制定)

県の花「奈良八重桜」

 古くから奈良の都にあり古歌にも詠まれています。東大寺知足院にある天然記念物「奈良八重桜」を、接ぎ木で苗木を育て増殖しています。(昭和43年3月指定)

県の木「すぎ」

 幹は真っすぐに伸び、不老長寿の木として神格化され、信仰の念を抱かせます。吉野杉は美観、材質ともに優れていることで全国的に有名です。(昭和41年9月指定)

県の鳥「こまどり」

 うぐいす、るりとともに日本三鳥の一つで、姿と声が特によく、県内には多数生息しており、昔から「吉野コマ」の名で知られています。(昭和41年6月指定)

奈良県のシンボル(PDF:106.8KB)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード

PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。