滋賀県のシンボル

県章

 この県章は「シ」と「ガ」を図案化して左右に配し、中央の空間をびわ湖に形どり、全体の円形と上部の両翼で"和"と"飛躍"をシンボライズしたものです。(昭和32年5月3日制定)

郷土の花「石楠花」

 NHKが行った投票で、昭和29年2月に決まりました。日野町の石楠花渓は国の天然記念物です。

県の木「紅葉」

 県民投票で、昭和41年10月に決まりました。県内には永源寺をはじめ、たくさんの名所があります。

県の鳥「かいつぶり」

 県民投票で、昭和40年7月に決まりました。別名を「鳰(にお)」といい、びわ湖に数多く棲んでいます。

滋賀県のシンボル(PDF:104KB)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード

PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。