鳥取県のシンボル

県章

 飛ぶ鳥の姿をひらがなの「と」に造形したマークで、自由と平和と鳥取県の明日への進展を象徴したものです。(昭和43年制定)

 鳥取県を連想するものとして定着している「二十世紀梨」をモチーフにそのみずみずしさを県のイメージとして「二十世紀梨の鳥取県」をPRしています。

県花「二十世紀梨の花」

 県の産業、生活などに関係が深く、県下のどこでも見られ、県民に広く愛され親しまれている花です。(昭和29年選定)

県木「ダイセンキャラボク」

 イチイ科に属する針葉樹で高山に生息しています。風雪に耐えて強く伸びゆく姿は、本県の自然美を代表しています。(昭和41年選定)

県鳥「オシドリ」

 水鳥の一種で、県内の沼や池に住む保護鳥です。美しく平和な姿をした鳥で、年中県内に生息しています。(昭和39年選定)

県魚「ヒラメ」

 県内の沿岸海域で獲れ、高級魚のイメージを持つ本県の栽培漁業の主役魚です。(平成2年選定)

鳥取県のシンボル(PDF:355.1KB)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード

PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。