河川監視カメラによる映像情報を公開しました

 

 神奈川県では、県で管理している河川の主要地点90ヵ所(境川等59河川)に河川の様子や増水の状況を、いつでも、誰でも、インターネットで映像により知ることができるよう、河川監視カメラの整備を進めています。
今回、44ヵ所の整備が完成しましたので、9月2日から県のホームページを通じて公開しています。
これは、従来から行っている雨量・水位情報の提供に加え、実感を伴う河川の映像情報を提供することにより、洪水時における住民の速やかな自主避難や、市町村による避難勧告等の発表に役立てようとするものです。
映像情報は洪水時・平常時に限らず24時間公開しており、おおむね2分に1回の頻度で更新する静止画像で、現在の画像のほか過去3時間までの毎正時の画像も履歴として見ることができます。
また、公開している画像は、河川全体を映した構図で、プライバシーの保護に配慮して家屋や看板などにはマスク処理を施しています。さらに、カメラは高感度のものを採用しており、夜間でも河川の状況が確認できます。
整備の進め方としては、特に注意を要する河川から進めており、今後も整備が完了した箇所から順次映像を公開し、平成21年度中に全90ヵ所を完了させる予定です。

【お問い合わせ】
神奈川県県土整備部河川課
電話番号 045-210-6487
HP
http://www.pref.kanagawa.jp/sys/suibou/web_general/suibou_joho/index.html

根岸歩道橋

横須賀土木