島根県中山間地域研究センター ~10周年記念シンポジウム~

 島根県中山間地域研究センターは、全国で初めての中山間地域を対象とした試験研究機関として、平成10年4月、中国地方の中心部に位置する島根県赤来町(現飯南町)に設置されました。
中山間地域が抱えるさまざまな課題に取り組むため、関係する農林業部門と、社会学的な側面から課題を研究する地域研究部門を設置し、分野横断型で研究に取り組んでいます。
今年度で10年を経過したことを契機に、センターの存在や機能をより多くの県民の皆さんや全国の関係者に知っていただくため、10周年記念事業を実施しています。
11月20日には、「これからの『くに』づくりを考える」を統一テーマに、松江市内で記念講演を行い、翌21日には、会場をセンターに移し、全国から各分野の研究者を招いて、「中山間地域の未来像を語る」記念フォーラムを開催します。
折しも、食糧、地球温暖化、原油価格の上昇に伴うエネルギー問題により、中山間地域の存在価値が改めて見直されつつあります。
中山間地域の未来に関心を持つ多くの皆さんに全国からお集まりいただき、議論させていただくことを楽しみにしております。
記念シンポの詳細は、センターのホームページに掲示しています。

【お問い合わせ】
島根県中山間地域研究センター
電話番号 0854-76-3829
ファックス番号 0854-76-3758
HP http://www.pref.shimane.lg.jp/chusankan