桑田さん始球式

 元巨人の桑田真澄さんが、四国・九州アイランドリーグの始球式に登場しました。
プロ野球・独立リーグを応援するため8月17日に来県し、3月まで所属していた米大リーグ・パイレーツのユニホームを着て登場。試合前には選手を激励し、スタジアムに集まった3,000人の観客にも「四国・九州アイランドリーグの発展のため応援していきたい」と語りかけました。その後、いよいよ始球式、ビシッと速球を決めました。
香川を拠点に活躍する香川オリーブガイナーズ。昨年度は北信越BCリーグとのグランドチャンピオンシップを制し独立リーグ日本一を果たしました。九州の2チームが加わり6チームとなった今年度も前期優勝を決め、9月下旬に終わった後期も優勝をかけ激しく争いました。
地域スポーツは選手との距離が近いとして年々人気が出ており、地域の活性化に一役かっています。本県には4年目の香川オリーブガイナーズ以外にも、バスケットのbjリーグ・ファイブアローズやバレーボール、サッカー、アイスホッケーとさまざまなスポーツが根付いてきており、年間を通してスポーツ観戦を楽しめるようになっています。

始球式で速球を投げる桑田さん