今秋、列福式関連事業を開催!

江戸時代初期に殉教した日本人カトリック信者188人を、「聖人」に次いで崇敬される「福者」として宣言するローマ教皇庁主催の「列福式」が、今年11月24日、国内では初めて長崎市で開催されます。
長崎県や県内の市や町などでは、この機会に国内外から訪れる多くの方々に、本県の歴史や文化の魅力に触れていただくため、バチカン美術館などの協力を得て「長崎・信仰の遺産~時を超えるキリシタン文化の旅~」をテーマとした多彩な催しを行います。
日本初公開となる貴重な絵画や聖具、長崎にゆかりの深い資料を展示します。是非長崎県へご来県下さい。

〈主な催し〉

  • 長崎歴史文化博物館「バチカンの名宝とキリシタン文化」展
    11月1日(土曜日)~平成21年1月12日(月曜日・祝日)
  • 日本二十六聖人記念館「殉教者とその時代」展
    11月1日(土曜日)~平成21年1月12日(月曜日・祝日)
  • 長崎県美術館「彫刻家 舟越保武」展
    10月3日(金曜日)~11月27日(木曜日)

【お問い合わせ】
長崎県文化振興課
電話番号 095-895-2764

フラ・アンジェリコ作《聖母子像》バチカン美術館蔵