「いしかわ産業化資源活用推進ファンド」採択事業決定

 9月8日、本年度創設した「いしかわ産業化資源活用推進ファンド(略称:活性化ファンド)」の対象事業として、申請された133件のうち、84件を採択しました。
この活性化ファンドは、「地域資源の宝庫」とされる本県の強み等を生かし、1.産業化資源を活用した新ビジネスの創出、2.農林水産業と商工業との連携による新産業の創出、3.医療・保健分野と商工業との連携による新産業の創出、を支援し、地域経済の活性化につなげようと、国・地元金融機関と協調し、全国でも最大の200億円規模で創設したものです。
当日は、採択された代表的案件として、「特産品焼酎の販路拡大及び特産品製造に係る資源循環サイクルの構築」や「マンガと連動した加賀友禅の浴衣・着物販売事業」などが紹介されたほか、事業採択決定通知書交付式が行われ、谷本知事が事業者代表一人ずつに通知書を手渡すとともに、激励の言葉を贈りました。
今後もこの活性化ファンドを活用し、地域経済の活性化につながる取組みを行っていくこととしています。

事業採択決定事業者と知事との記念撮影