「化女沼」(けじょぬま)がラムサール条約湿地に登録

 宮城県大崎市北部に位置する「化女沼」が、平成20年10月30日に韓国昌原市で開催された第10回ラムサール条約締約国会議で条約湿地として登録されました。
 ラムサール条約湿地の登録には、1.9つある国際基準の1つを満たすこと 2.鳥獣保護法などの国の法律により自然環境の保全が図られること 3.地元住民の賛同が得られていること が必要です。大崎市では条約の登録を目指して、今年の1月から手続きや準備を進めてきました。
 化女沼は渡り鳥の国内有数の越冬地で、環境省レッドリストに記載されている絶滅危惧第II類に分類されているヒシクイ(亜種)が毎年2,000羽以上越冬しています。今年の7月31日に国指定鳥獣保護区になり、9月には登録後の保全活用計画の策定を目指し、観光協会や地域住民、自然愛好家、農業協同組合、土地改良区などが参加した「化女沼湿地保全活用検討会」も設立されました。検討会では、ラムサール条約の趣旨である「賢明な利用(ワイズユース)」を実現するために、環境保全や環境教育、地域の活性化、エコツーリズムの充実などを図り、湿地利用に関する保全活用の計画を検討していく予定です。
 大崎市には、化女沼のほかにも、日本最大級のマガン越冬地で2005年11月にラムサール条約湿地となった「蕪栗沼・周辺水田」があります。これらの沼や田んぼを地域の宝とし、大崎市ならではの地域づくりを目指していきます。

【お問い合わせ】
宮城県大崎市農林振興課自然共生推進係
電話番号 0229-23-7090
HP http://www.city.osaki.miyagi.jp/day/visitor11.html

miyagi200812-1.JPG

夏にはハスの花で彩られ、冬にはヒシクイが集う化女沼

miyagi200812-2.JPG