新たな観光の創造を目指して~「観光立県ちば推進基本計画」を策定~

 千葉県では、「観光立県千葉」の実現に向けて、来訪者に満足していただけるよう、全県を挙げて魅力ある観光地づくりや受け入れ態勢の整備に努めています。
 今年10月、中長期計画である「観光立県ちば推進基本計画」を策定。
 「千葉県観光立県の推進に関する条例」(平成20年3月制定)に基づくこの計画は、観光に関する施策を総合的かつ計画的に推進し、21世紀にふさわしい観光地づくりを進めていくためのものです。
 計画の基本方針として、環境との共生の視点から「環境の保全による観光の持続的発展」、広域連携を推進するため「地域や分野を越えた産業としての観光の振興」、日帰り型観光からの脱却を目指し「交流空間の形成による長期滞在や定住化の促進」などを定め、施策の推進を図ります。
 また、本県観光の目指すべき姿として、「住む人も、訪れる人も和み、元気になれる"花と海の故郷(ふるさと)ちば"」を掲げ、具体的な数値目標や、県が重点的に取り組む5つのリーディングプロジェクトを定めました。

主な数値目標

  1. 観光入込客数を、現在の1億3,426万人から平成24年には1億6,000万人に増やす
  2. 宿泊客数を、1,542万人から2,000万人に増やす
  3. 旅行総消費額を、4,587億円から6,000億円にする

重点的に取り組むリーディングプロジェクト

  1. 広域連携推進プロジェクト(観光資源のブラッシュアップと観光地の戦略的な連携)
  2. ニューツーリズム創出プロジェクト(本県の多様な魅力を活用したニューツーリズムの創出)
  3. 観光達人創出プロジェクト(観光まちづくりをコーディネート・プロデュースできる質の高い観光人材の育成)
  4. 新観光ビジネス創造プロジェクト(産学官連携の総合的推進)
  5. 長期滞在空間形成プロジェクト(参加体験や滞在型観光プログラムの充実及び観光交流を契機とした定住化促進)

 今後、基本計画に基づき、県のあらゆる施策を有機的に連携させるとともに、地域の多様な主体と協働することにより、オール千葉県で、観光立県千葉の実現を図ってまいります。

【お問い合わせ】
千葉県商工労働部観光課
電話番号 043-223-2415

chiba200812.JPG

滞在型観光として注目されるクラインガルテン(滞在型市民農園)