首都圏在住の若者ネットワーク「acoico(アコイコ)」誕生

 首都圏から未来の富山を考え、富山に新風を吹き込むことを目的に、首都圏在住の若者ネットワーク「acoico(アコイコ)」が誕生しました。20~30歳代の首都圏に在住している富山県出身者や富山県を愛する人であればどなたでも参加することができるものです。
 「acoico」(「あこ行こう」)は、みんなが集う場所へ行こう、みんなで目的地へ行こうという意味の富山弁で、気軽に集えることをイメージしています。また、 a(active)、 c(challenge)、 o(Open-mind)、i(interactive)、c(community)、 o(opportunity)も意味しており、"心を開いて富山と東京をつなぐ機会を提供する会"というコンセプトを象徴しています。
 「acoico」参加者は、職業などを越えて緩やかなネットワークを組みながら交流し、富山の旬の味覚や特産品を味わう会をスタートさせており、 今後も県出身アーティストのミニライブなど、富山をテーマにしたイベント活動を定期的に開催する予定です。
 県では、「acoico」の活動内容を決定する企画委員会のサポートや、会員の募集、富山に関する旬な情報の提供、県と連携したホームページやメールマガジンによる情報発信などを行い、首都圏で活動する若い世代の主体的な活動を支援していきます。
 今後、県外からの客観的な視点で新たな事業を提案したり、県政に若者の感性を反映できるような機会をつくって行く予定です。

【お問い合わせ】
知事政策室
電話番号 076-444-4494
HP http://acoico.net/

toyama200812.JPG