「アクティブシニアフェア2008」を開催しました!

 地域の力になりたい、NPOやボランティアを応援したい、専門技術や経験を生かしたい、自然や環境を守りたい、子どもを守り育てたい、健康や福祉を支えたい、世界の人と交流したい、などいろいろなことにかかわり活動したいシニアたち。そんな生き生きと活躍するシニアが「アクティブシニア」。
 大阪府では、シニアの生きがい実現と活力ある地域社会の実現を目指し、意欲あるアクティブシニアを発掘、育成、地域社会に輩出する「アクティブシニアがあふれる大阪構想事業」を推進しています。
 このたび、構想事業の一環として「アクティブシニアフェア2008」を開催しました。当フェアは、シニアの活動をアピールするとともにボランティア活動などに参加するきっかけの場となるもので、今回は閉庁日の大阪府庁を会場として使用し、本事業の趣旨に賛同する企業、NPO、関係団体の協賛・協力で実施しました。
 メイン会場の府庁本館正面玄関ロビーを始め、駐車場に特設ステージ・展示ブースなどを設け、シニアがダンス・音楽など日ごろのさまざまな活動を披露。ほかにも、ウォーキング教室やインターネット講習会、燃料電池車の大阪水素ステーション体験ツアー、なにわ伝統野菜等の即売会、亀山つとむ氏(元阪神タイガース外野手)によるトークショーなどが開催され、会場はシニアの熱気に包まれました。
 また、府民との対話事業を終えたばかりの橋下知事が駆けつけ、シニアのパワーに期待するメッセージを贈ると、会場から今後の活動に向けて頼もしい返事がありました。
 大阪府では、シニアの地域社会における活躍を応援するとともに、地域との交流の場づくりを進めます。

【お問い合わせ】
高齢介護室介護支援課
電話番号 06-6944-7098

osaka200812-1.jpg osaka200812-2.jpg