年明けうどん

 香川県と言えば「さぬきうどん」。
 もうすぐ正月ですが、正月にもうどんを食べてもらおうと、さぬきうどん振興協議会では、元旦から1月15日までに食べるうどんを「年明けうどん」として全国にPRしていこうとしています。
 メニューとしてはエビ天など赤いものをトッピングし、うどんの白い麺とあわせて紅白で新春を祝うのが新しいところです。最終的には「さぬきうどん」に限らず全国の名産うどんの発展に貢献できればとのことです。詳しくは同協議会のホープページをご覧ください。
 現在、香川県には約900軒のうどん店があります。透き通った感じのイリコだしとコシの強い麺を味わいに県外からまだまだお客さんが来ています。お店のスタイルも一般的な注文をとって、持ってきてくれるお店から、香川県では一般的な自分で麺を湯がくセルフタイプ、製麺所で食べるタイプとさまざまです。いろいろ個性のあるお店を一日に何軒も食べ歩くスタイルが定着しています。
 安くて、うまい「さぬきうどん」。是非味わいに香川にお越しください。そして年末には「年越しそば」を、年始には「年明けうどん」是非食べてください。

さぬきうどん振興協議会HP
http://www.toshiakeudon.jp/

kagawa200812.JPG

年明けうどんのロゴ