観光キャッチフレーズロゴ決定

 群馬県の新しい観光キャッチフレーズとロゴが決定し、3月25日に東京都内で発表会が行われました。
 キャッチフレーズには、群馬の「ぐ」という言葉の力強さ、おもしろさを表現した細井成さん(大阪府)の作品「心にググっと 群馬県」が、ロゴには、人の顔をデザインし、観光の楽しさを表現した本田康幸さん(北海道)の作品が選ばれました。
 応募総数は、キャッチフレーズが2,712件、ロゴが1,043件。全国47都道府県のほか、アメリカやフランスなど海外からの応募もありました。
 発表会には、本県の魅力をPRする「ぐんま大使」の中山秀征さんと井森美幸さんも参加し、楽しい会話が会場を盛り上げました。
 大澤正明知事は「群馬の魅力をPRするのにぴったりのキャッチフレーズ。ロゴも分かりやすく、親しみやすい。今後は、観光ポスターやパンフレットなどに使って、群馬県を全国に発信していきたい」とあいさつしました。
 発表会の後、中山さんと井森さんは、東京・銀座のぐんま総合情報センター(ぐんまちゃん家(ち))で、県産イチゴ「やよいひめ」やパンフレットを来場者に配布。本県の観光や物産を大いにアピールしました。
お問い合わせ
群馬県観光物産課
電話番号 027-226-3385
ファックス番号 027-223-1197

gunma200905-1.JPG

大澤正明知事とぐんま大使

gunma200905-2.JPG

来場者に「やよいひめ」とパンフレットを配るぐんま大使