京都府庁舎・施設を活用した障害者就労支援を推進中!

 京都府では、本庁舎や地域機関、関係施設を活用した障害者の就労支援の取組みを推進しています。
 福祉施設で作られた授産製品を、より温かみのある「ほっとはあと製品」と名付け、その展示・販売を行う「ハートショップ」の開設を進めています。平成18年4月の本庁舎を皮切りに、現在12ヵ所の総合庁舎等でオープン。これらのショップでの販売合計額は平成20年度で約1,000万円となり、ほっとはあと製品の売上げ向上に貢献しているところです。
 また、障害のある方々の働く場づくりのため、昨年度、社会福祉法人等に府の業務を委託して障害者雇用を進める「府庁ゆめこうば」を開始。現在、本庁舎には3名の障害のある方が郵便物の仕分け・庁内配送等に、地方機関でも2名の方が日々の清掃業務等に従事されています。いずれも指導員がサポートする仕組みをとっています。仕事ぶりの評価も上々で、障害のある方々も安心して働けることから、更にこうした取組みを進めていきます。
 このほか、今年4月には、障害のある方が働く喫茶店「ほっとはあと」を本庁舎に開設しました。パスタ、カレーなど日替わりのランチや飲み物は、職員や来庁される方々から大変美味しいと好評です。さらに、7月には、府民交流施設 京都テルサ(京都市南区)に喫茶とショップを併設した「はあとガーデン」がオープン。京都テルサ内には障害者の企業就労に向けた総合相談窓口である「はあとふるジョブカフェ」も設置しており、連携して就労実習にも取り組んでいきます。
 京都にお越しの際は、これらのショップや喫茶店を是非御利用ください。

お問い合わせ
京都府障害者支援課
電話番号 075-414-4603

kyoto200909.JPG